畜産品

●有機畜産について

国際基準に準拠して、畜産についても、有機基準と認証制度の運用が法律で定められました。 野菜や果物と同じように、食べている餌や飼っている環境、そして抗生物質やワクチンの使用について、 農場検査を受け基準に合格したと認定されて初めて、有機畜産品として有機JASマークが付けられ流通されます。

@動物が本来育つ自然環境に、できるだけ近い環境で育てることを基準にしています。 特に動物が自由に動き回れる運動場の設置は必須です。

A飼育期間を通し、食べている餌の80%以上がJAS有機認定の餌であることが必須です。 有機餌ですので、遺伝子組換えや、ポストハーベストは一切ありません。

B成長促進のためのホルモン剤や、予防目的での抗生物質の使用は一切禁止されています。

オーガニックレシピ

Copyright © 2012 Biomarket Co.,Ltd. All rights reserved.