ビオ・マルシェのネットショップは有機JAS認証あるいは海外のオーガニック認証を取得した商品やビオ・マルシェオリジナル商品などを取り扱っております。

2023年 03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
お届け不可
2023年 04月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
お届け不可
 

ホーム > ビオ・マルシェ こだわりの商品 > はちみつ・ジャム > 百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》

百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》 百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》
百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》 百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》
拡大画像

百花蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》

みつばちが花から集めた蜜を巣箱で熟成させています
商品コード : 8013
価格 : 3,540円(税込)
数量
 
カートに入れる すぐに購入する
規格 : 600g
原材料 : はちみつ(国産)
販売者 : ビオ・マーケット
ご注意事項 : はちみつは満1歳未満の乳児には食べさせないでください
みつばちが花から集めた蜜を巣箱で熟成させ、まったく加工を加えずに製品化しています。寒い冬の間は鹿児島でみつばちを育て、春の声とともに花を求めて全国の旅へ。

★移動養蜂家 瀬尾養蜂園の国産純粋はちみつ★

瀬尾さん

季節の花を求めて…

瀬尾養蜂園は、滋賀県を拠点に季節の花々を追い、全国を旅しながら養蜂する移動養蜂家です。冬に鹿児島県でミツバチを育て、春は滋賀県大津で花の蜜を採り、アカシアの花が咲き始める初夏からは北海道の富良野へと移動します。滋賀から富良野へは約1500km、トラックに約200の巣箱とミツバチを乗せての大移動。近年は温暖化の影響で、アカシアの開花時期が徐々に早まり、北海道へ向かう日程が6月中旬から6月上旬へ早まっているそうです。

ミツバチのコンディションを優先!

巣箱に入れる巣枠の数や巣箱を積む段数は養蜂家によって考え方が異なります。中には、巣箱にギリギリまでみっちりと巣枠を入れる養蜂家さんもいます。瀬尾養蜂園では、ミツバチの負担を軽減する採蜜を心がけているため、ミツバチの体調や、運んでくる蜜の量などに合わせて、巣箱の段数と巣枠の枚数を長年の経験で見極め、調整しています。

●良いはちみつを採取できるのは
.潺張丱舛離灰鵐妊ション  天候  5げ后塀襪垢ず寒すぎない)
げ屬粒花

の4つの条件が揃う時。条件が揃わない年は、採れる量が大幅に減少します。この中で唯一、人が手助けできるのは、ミツバチのコンディションを保ってあげること。ミツバチが良い状態で働けるようにと、瀬尾さんは常にミツバチのことを考えています。また、農薬の影響を受けないように、時期によって巣箱の設置場所を移動させるなどの工夫もしています。

ゆっくり糖度が上がるのを待ってから

ミツバチが採ったばかりの花の蜜は、水分量が多く糖度が低い状態。巣箱の中のミツバチたちが羽で風を送ることで、水分を飛ばして糖度を上げます。瀬尾養蜂園では、こうして巣箱の中で糖度が上がるのをじっくり待ってから採蜜をするため、糖度を上げる目的での人工的な加熱はしていません。ミツバチが集めた花の蜜だけでできている、正真正銘の「純粋はちみつ」です。
※はちみつが結晶化していると濾過できないため40〜45℃の加温をすることはありますが、その他は手を加えません。

気候変動が激しい中で自然を相手にするため、採れる蜜の量が安定することはありません。そういった中で自然に逆らわず、ミツバチに負荷をかけないことを大切にして採蜜されたはちみつは、身体にすっと馴染むやさしい甘さです。瀬尾さんとミツバチたちが、長い時間をかけて集めた貴重なはちみつ、大事にいただきたいですね。

  • 蜜が満杯に詰まった巣枠は2〜3kg、ずっしりと重い!
  • 蜜蓋を切る様子。□□□□□□□□□□□□□□
  • 蜜蓋切り後、遠心分離機に巣枠を入れ、蜜を搾る。

  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

関連商品【瀬尾さんの蜂蜜】

アカシア蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》

アカシア蜜<600g>《ビオ・マルシェオリジナル》

4,871円(税込)

ページトップへ